FC2ブログ
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.13 変態ヒロイン羞恥淫欲晒し  # 1-1『活躍』
変態ヒロイン羞恥淫欲晒し  新堂佐緒里の場合
# 1-1 『活躍』



「キュレエェエ…」
 都会の闇に奇怪なうめき声を上げながら、異形の怪物が迫る。魂を売り渡し、人間の姿を捨てた者達。半妖。高層ビル群の上には満月が大きく輝き、その光が半妖の醜悪な肉体を照らしていた。筋肉は異様なほどに隆々と膨らみ、そこかしこからぬめった触手が生えている。

「また邪魔を…ジャスティレイファーだな…」
そう言いかける相手に対し、とっさに変身スパークに手をかける。

「悪いけど躊躇はしない。変身っ!」
掲げたスパークから全身を光が包む。
選ばれた者だけが身につけることのできる対半妖専門特殊スーツ。銀色の神々しい光沢をまとい、身体にぴったりと張り付いたそれの力は、まだ並の半妖達を軽く凌駕していた。

「グヘヘ…おれの力を甘く見ると痛い目に合うぜ…ギギュゥウル」
相手の凡庸過ぎる台詞を無視し、地面を蹴ると一気に間合いを詰める!訓練のたわもので恐怖心は完全に消えていた。相手のタイプと能力予測からシュミレートし想定される結末はただ一つ。相手の如何なる反撃も回避して致命的な一撃を加えること。一閃!
「く、くそぉっ。ギュバァアァ!」

「あっけない…。正義の名の元に。ジャスティレイファーは半妖を滅ぼし続ける!」
おそらく元来は中年の男性であろう。半妖はもはや人間の物ではない断末魔をあげ、影になって地面の染みと消えた。あとに残されたのは、都会の夜の不思議な静けさだけだった。
「ふぅ…こんなものね…」
------------------------

 ジャスティレイファーの1人、新堂佐緒里は21歳の時に選ばれた。
3年間の訓練の末(といってもそのほとんどはスーツの力を引き出すためのもので、それほど辛いことは無かった)、今では後輩の候補生達を教える立場にまでなっている。
だが、彼女はどうして自分が選ばれたのか分からなくなることがあった。特殊な体質、選ばれた者、としか説明はされていない。

迷いを振り払うように、自宅の部屋に帰ると1人、PCの電源を入れる。
暗くした部屋、モニタの明かりが彼女の顔を照らす。

佐緒里の秘密の時間が始まろうとしていた…。

2007.09.15 変態ヒロイン羞恥淫欲晒し  # 1-2『秘密』
変態ヒロイン羞恥淫欲晒し  新堂佐緒里の場合
# 1-2 『秘密』


ジャスティレイファーに選ばれ、仲間と共に戦い、後輩もでき…
表では明るく振る舞い後輩にも優しく、正義のヒロインとしての顔を見せる佐緒里だが、彼女には誰にも言えない、暗い秘密があった。

深呼吸をし、震える手でマウスを動かすと、「お気に入り」の奥深くに隠したサイトへとアクセスする。

今でも秘密を押し隠し戦いを続けているものの、本当の自分とジャスティレイファーとしての自分は日増しに乖離していった。インターネットにそのはけ口があると知った時、彼女がそれを抗えないのも当然のことだったのだ。

ミニのフレアにTシャツ姿、いつもの部屋着でPCに向い、顔を赤くして食入るように画面を見つめながら、マウスをせわしなく動かす。表示されているのは「変態SM・露出・痴漢ツーショット」。この場所で普段はひた隠しにしている本性を晒し、文字で詰られるまま堕ちていくのはたまらない愉悦だった。終わった後は何度もコレきりにしようと思いながら、日増しに頻度をあげ、今では毎日の楽しみにまでなっている。表情を蕩けさせ、太ももをぎゅっと閉じ、刺激的な待機メッセージに心臓を高鳴らせながら、部屋を選ぶ。いつものように、文字だけのつもりだった…今日が破滅への一歩になるとは知る由もなく…。

『普段は固い職業でいながら、裏では変態マゾの本性が我慢できない浅ましい露出マゾ牝豚。入って来て全てを晒す覚悟があるなら入室すること。』

「今日だけ…もう終わりにするから…あぁ凄い」心の中で言い訳をしながら「入室」ボタンをクリックする。画面が切り替わり、体中が緊張に熱くなる。最近はより興奮を得るため、名前を「佐緒里」と、本名のまま入力していた…。
2008.02.24 変態ヒロイン羞恥淫欲晒し  # 1-3『告白』
変態ヒロイン羞恥淫欲晒し  新堂佐緒里の場合
# 1-3 『告白』


『普段は固い職業でいながら、裏では変態マゾの本性が我慢できない浅ましい露出マゾ牝豚。入って来て全てを晒す覚悟があるなら入室すること。』

暗くした部屋の中、これからに期待し吐息を乱しながら、その[部屋]に入ると、震える指先でキーボードを叩く。
「はじめまして…こんばんは。よろしくお願いします…。。」
胸はドキドキと高鳴り、ひと文字打つたびに身体の奥まで痺れるほど昂ぶっていた。

「ようこそ。変態マゾ牝豚佐緒里。妄想が抑えきれず入室してきたんだろう? ここでは浅ましく全てを晒して牝豚に堕ちるんだ。そうしたくて…たまらなかったんだもんな? いつもいつも満たされないオナニーばかり…」

ジャスティレイファーである自分はすぐにかき消される。いつものはしたない妄想を自ら進んで答えてしまう興奮。佐緒里はもう我慢できなかった。
「はい…誰にも言えない変態オナニーばっかりしちゃってて…。。」

「くくっ。佐緒里はどんな職業でどんな変態オナニーをしてるマゾ牝豚なんだ?」

フレアミニに包まれた太ももをぎゅっと擦りあわせながら答えを打ち込む。
「職業は…えっと、世間の役に立つような…あ、婦警、です。お、オナニー…は…」
(ゴク…生唾を飲み込み、心臓が痛いほど高鳴って、震えるほどの愉悦を感じ)

「あははは婦警が変態オナニーとはな。言うんだ。豚の本性を浅ましく白状したいんだろう?」

(はぁ…わたし…ダメ…)頭の中が妄想ではちきれそうになり、股間が熱くなるのを感じながら、夢中でキーを叩く。
「はい…で、電車で痴漢されたくて超ミニで…我慢できずにオナニーしちゃったり、コンビニでも…夜の路地でも…あぁ…変態オナニーしちゃいました。ごめんなさいっ。」ぎゅうぅっと内股を閉じ、股間に染みが出来てくるのが分かる。

「くくっ…浅ましい牝豚だな…オナニー告白で濡らすなんて…変態の本性を晒すのがそんなに気持ちいいか?」

(あぁ…なんで…分かるの? わたし…本当に…変態オナニーマゾなの…あぁ)叩き付ける言葉、内なる声に苛まれ、さらに被虐感を増し身体を熱くしていく。
「は、はいぃ…わたしは…浅ましい牝豚です」我慢しきれず内股に片手が延びる。すぐにも痴漢を想像しながらさすり始めてしまう…

「まだ触るなよ牝豚。これからもっともっと刺激的な変態オナニー命令をしてやる。 もちろん、リアルでだ。実際に実行して報告しろ。できるな? マゾ牝豚佐緒里。」

(もっと…刺激的な変態オナニー命令…あぁ…実際になんて…そんなこと)一線を踏み越えようとしてしまっていることに気付きながら、熱く滾る身体はすでに答えを決めていた。
「は、はい…お願いします」

「ようし…では… …」
佐緒里とチャットする男はモニターの前でほくそ笑んでいた。特殊能力によって、回線を通じ相手の姿を見る事ができるのだ。そう、半妖。
(くくくっ あはははは! こいつは…ジャスティレイファーの1人、新堂佐緒里に間違いない… こんな飛び切りのマゾ豚だったとはな。面白くなってきた…くくくくくっ あははははははは!)

そうとは知らず、佐緒里は次々と出される命令を覚え込み、想像してははしたなく興奮してしまっていた。
そして、今すぐにでも実行に移そうと… …


2010.07.25 変態ヒロイン羞恥淫欲晒し  # 1-4『実行』
変態ヒロイン羞恥淫欲晒し 新堂佐緒里の場合
短編 # 1-4 『実行』


「わたし…あぁ…これから…命令された通りに…今まで以上の変態オナニーの実行…
 ううん、ちょっとだけ…試してみるだけ…だから…」

佐緒里は言われるまま、フラフラといちばん近所のコンビニの前へと来ていた。
顔を隠す帽子をかぶり、服装は部屋着のまま、歩くとそれだけで下着が見えそうな、
ヒラヒラ揺れるフレアのマイクロミニ。

「はぁはぁ…来ちゃった…」
既に何度かひとりでは経験済みの野外オナニー。
チャットで命令され、単なる野外オナニーよりさらにはしたなく淫らな姿に堕ちていくかと思うと、
佐緒里の頭は白く焼け付き、興奮で何も考えられなくなっていた。
「変態露出オナニー」、その魅惑的な響きと、実行し悶え狂う自分のはしたない姿以外は。

『いちばん近所のコンビニへ行け。店内に入る前に、露出マゾ牝豚の想像するいちばん浅ましい格好になれ』
夜の暗闇に明るく光る店内。その駐車場で、佐緒里は命令どおりに自分を辱めていく。

「あぁ…こんな…でも…ちょっとだけ…命令なんて…私は…」
震える手でフレアのマイクロミニを腰で何度か折り返すと、下着が丸見えになり、
スカートの意味を成さなくなる。白い下着には既に大きく染みが広がっていた。
わたし…この姿でコンビニに…

半妖のこともすでに頭になく、正義のヒロインとしての矜持もなかった。
むしろそんな自分が浅ましい変態行為に堕ちていくことが、佐緒里のマゾ心にさらなる羞恥の愉悦をもたらす。

帽子を深くかぶり直すと、痺れるほど興奮しながら、意を決して店内へ入る佐緒里。
…レジには誰もいない。ほっとしたのもつかの間、陳列棚の影からひとりの男性が曲がって、すれ違い外へと出て行く。
!!
「あぁわたし…こんな格好…見られちゃう… はぁ…はぁ…見て…」
店内を進む佐緒里。一歩一歩に興奮が高まる。お菓子の棚までくると…棚の向こう側で、パンを物色する男性。
「あっち側へ行けば…わたし…もうダメ」
完全にマゾに堕ちた佐緒里に、脚を止める理由は無かった。

棚の向こう側へ向かいながら、股間にドロッと熱いものを感じる佐緒里。
ついに…男性の側へと…。男性が、何気なく佐緒里を見ると、下着に釘付けになり、驚いた表情で手が止まる。
「あぁ見てる、見てるっ!」
視線が凄まじい刺激となって突き刺さりながら、震えて立ち尽くす佐緒里。

『誰か男に見つかったら、変態マゾ牝豚らしく、しゃがんで脚を開け。したいだろ?』

「あぁわたし…わたし…」もう何も考えられず、吐息を荒げながら、しゃがんで脚を開いていく。
濡れて透けた股間には割れ目と毛はおろか、クリの突起まで見えているかもしれない。
男性の視線に、股間からじっとりと下着越しにイヤらしい液体が溢れ出す。
「もうダメ、蕩けるぅ…したいっ!」その瞬間、さらなる命令を思い出す。

『ただでオナニーできると思うなよ、マゾ牝豚佐緒里。男の隣に行き、そこでおしっこを漏らせ』

信じられないほど浅ましいマゾの命令。立ち上がると…ゆっくりと…男性の横へ。
固まっている男性。やがて…佐緒里の股間から、液体がナマ脚の太ももを伝い、床へと流れだす。
じょろじょろじょろ…びちゃびちゃ。
「あぁわたし、おしっこお漏らし見せてる、あぁっ」
絶頂ほどの恍惚で、顔は浅ましく蕩けきっている。驚いて足早に立ち去る男性。
音に気づいたのか、店員がやってくる。同年代の、女性店員。
「あ、あの…大丈夫…ですか?」
おしっこを漏らし続けながら、急いで逃げ去るように外へでる佐緒里。

『コンビニ駐車場の路石に座ってオナニーをしろ。誰が来てもイクまでやめるな』

既にもう我慢できなくなっていた佐緒里は、はしたなく急いで腰掛けると、すぐに激しいオナニーを始める。
「あ、あはっ、ふぅうっ…んはぁああ」
指を使い、ぐしょ濡れの下着の上から、クリと割れ目を素早い動きでこすり回す。
既に太ももと、路石まで濡れ染みが広がっている。

『知っているコンビニで露出してオナニーする露出狂の変態マゾ牝豚め』
その浅ましくオナニーに狂う佐緒里の姿を、道路の向かいから見ているチャット相手の男。半妖である。

すぐに佐緒里の喘ぎ声は大きくなり、絶頂を示す嬌声に変わる。
目の前に迫る足音にも、止められない指先。最期のトドメとばかりに、クリをつまんで引っ張り上げる。
(あぁ私もうダメ!よすぎる、これがよかったのっ!)
「あ、イク!露出オナニーいいっ!イクの!イクイクイクイクイクイクイクぅううう!」

ビクビクと何度も大きく体を震わせ、最高の絶頂を味わってぐったりする佐緒里。
そして…感じる気配、半妖。
!!

「ジャスティレイファーの…新堂佐緒里だな これはこれは…くくくっ」
ぐっちょりと濡れた股間、太もも、路石を見下ろしほくそ笑む半妖の姿があった。
2010.07.25 変態ヒロイン羞恥淫欲晒し  # 1-5『始まり』
変態ヒロイン羞恥淫欲晒し 新堂佐緒里の場合
短編 # 1-5 『始まり』


露出オナニーで派手にイキ、浅ましく蕩けきっている佐緒里。
事態を半分理解しながら、ピンクに染まった頭が正常に動かない。

見下ろす半妖の人間体・桐生が、ジャスティレイファーとしての佐緒里の最後を告げる冷酷な一言を発する。
『もう後戻りできないぞ。ジャスティレイファー。いや、変態露出マゾ牝豚』

!!「あぁ…うそ…いや…いやぁ…」
混乱し、ただ身体を震わせて弱々しく後ずさりする佐緒里。

『浅ましい豚のイキっぷりだったなぁ? 露出オナニー大好きの新堂佐緒里さんよ?』

「ち、ちがっ…これは…その…あの」
すべてを理解し、絶望に包まれながら、変身スパークを取りだすことも忘れ、戦う意欲もなく、
ただ言葉責めに再び身体を熱くしてしまうマゾ牝豚佐緒里。

『チャット相手の命令に堕ち、コンビニで下着を晒し、店内でおしっこを漏らし、人の来る駐車場で
 大股を開いて恥ずかしい本気オナニーでイキまくり。気持よかったか?』

「……はぁはぁ…それは…」
半妖と戦うときのクールで勝気な姿は無く、ただ怯える浅ましい牝豚の姿。
完全に堕ちている佐緒里に、半妖桐生がマゾ取引を持ちかける。

『このことは二人だけの秘密だ。もっと…浅ましい命令がされたいだろう?
 もっと…変態露出オナニーしたいんだろう? ただの調教相手だよ』


「あ、あぁ…あ…」
思考がまとまらず、言葉が出てこない。ただ、「変態露出オナニー」の響きだけが突き刺さる。
逃げようとも、戦おうともせず、動けない佐緒里。それは、肯定の意思を示してしまっていた。


------数日後------

「キュレエェエ…」
都会の闇に奇怪なうめき声を上げながら、異形の怪物が迫る。魂を売り渡し、人間の姿を捨てた者達。半妖。
ひとりの通勤帰りであろうOL女性が、襲われようとしている。

その向こうに、黒いコート姿の女性…佐緒里である。OLが襲われている姿を見て、変身もしない。
ヨタヨタと歩く…よく見ると、口にはボールギャグ。涎がはしたなく流れているマゾの姿。

『くくっ…戦うより、これがいいもんなぁ?』
手にした器具でスイッチを入れる半妖桐生。

「は、はいっ あひぃ!」
コートの前をゆっくりと開いていく佐緒里… OLは佐緒里を見て絶望しながら、半妖に攫われていく。
コートの下は一切下着を身につけていない姿…体中に、変態淫語が落書きされている
「変態露出マゾ牝豚」「おまんこ」「露出オナニー狂」「マゾきちがい」「お漏らし大好き」
そして、股間には激しくうねり出す黒いバイブが深々と突き刺さっている。
「あぁんんむぅううっ!んんふぅうう!ん!んんんッ!」

『完全に堕ちたな…使命も忘れたか。していいぞ、牝豚』
そういいながら、ボールギャグを外すとバイブを動かす許可を与える桐生。

露出調教され続けた佐緒里は完全にマゾ牝豚として、命令に従ってしまう。
電流が走るほどの快感。路地で半妖を見逃し、変態露出オナニーに耽る。

「あひぃ!バイブいいっ!あぁはぁはぁはぁ…戦いは、わ、わたしじゃなくても… あ、あ、あ!」
「イク!イグぅ~~~~~~~~~!!んひぃーー!!」

やがてガニ股で激しくバイブを上下に動かしながら、イキ堕ちる佐緒里。
既にジャスティレイファーではなく、単なる一匹のマゾ牝豚の姿がそこにはあった。


2011.02.27 変態ヒロイン羞恥淫欲晒し  # 1-6『堕落』
変態ヒロイン羞恥淫欲晒し 新堂佐緒里の場合
短編 # 1-6 『堕落』


今でも信じられない、一夜にして自分の存在が全て変わったあの日から、数週間が経った。隠し通していた自分の欲望を告白し、命令される愉悦に堕ち、さらには…その相手が…。思い出したくも無い…それでも…時々どうしようも無く待ち望み、思い出しては自ら慰めてしまうあの調教の日々。

ジャスティレイファーとして、半妖と戦う日々を続けながら、しかし、あの男との接触は途絶えていた。チャットでも、戦いの場でも、あれから二度と姿を表さない。それは安心でもあり、心の奥底では物足りなくもあった。どこかで仲間の誰かに倒されたのだろうか…それとも…。

ひとつだけ言えることは…
『変態露出マゾ牝豚』、その言葉がまるで消えない刺青のように、自らを変える刻印として頭に焼き付いたこと。ひとりの夜、白昼の路地、公共の店内…至る所で不意に浮かんでは、はしたない妄想と甘美な愉悦をもたらす。

日に日に、その言葉が占める割合が大きくなる。二度とあんな事が有ってはいけない。でも…あの言葉が響いて我慢出来ない…自分ひとりで…解消するだけなら…。そう…頭からあの言葉を打ち消すため…それの後は二度としない…だから…。

佐緒里が選んだ場所は、図書館だった。
大学生時代に何度か訪れた、学校のそばにある区立図書館。ここなら、知り合いは居ない。後輩の大学生たちや、受験生たちがほとんど。まだ、半妖の出没例も無い…。

お尻ギリギリ、少し屈むだけで見えてしまう長さのフレアミニ。下着は付けずに、上はブラウス姿。その上にニットカーディガンを羽織る。

顔を赤くしながら、図書館に入り…懐かしむように歩く。まるで大学生時代に戻ったようで、あの頃はまだ考えられなかったこんな行為をしていることに、自分でも恥ずかしくなり、またそれがドキドキと胸を高揚させる。平日の昼、ぱらぱらと人はまばらで、静かに落ち着いた雰囲気が、さらに佐緒里のはしたない欲望をかき立てる。

専門書が並ぶ棚の間を周り…試験勉強に励む受験生の横を通りながら…
はぁ…はぁ…わたし…ここで…しちゃうんだ…だって…解消するためだから… 
ほら…スカートをもっと短くしなさい。

自らを辱める命令を出すと、キョロキョロしながら、腰の部分でスカートを織り込む。歩くだけで、股間が見えそうになる丈の長さ。すれ違う若い男子が、何人かあからさまに下半身に目を向けてくる。

ああ…やばい…見られてる…ドキドキする…もっと…
もっと恥ずかしいことしなさい

はい…
自分で命令を出し、それに答え。近くで棚を整理していた司書さんの元へ向かうと…背後から声をかけ…
「あ、あの…○○学の○○教授の専門書、ありますか??」
「はい。あぁ、えっとそれなら…」
振り返り、下半身に視線を向け、すぐ視線を戻す司書。それだけで、股間が熱くなる。
「こっちですね」

司書さんの後を歩きながら、更に自分に、命令を下す。
もっとはしたないこと、したいんでしょ? スカートを短くしたら?
あぁ…そんな…これ以上、短くしたら… 震える手で、スカートを短くしていく。
スカートが意味を成さなくなり、スカートの下から直接股間が覗いている。
あぁ…振り返って下半身を見られたら… ゆっくりと司書の後ろを歩きながら、既に股間はじっとりと湿っている。

「えっと…この辺りなんですが…」棚を熱心に眺め、目的の本を探している司書。そして…
ここで…オナニーしたら
露出と被虐の快感を求める内なる声が響く。
脚を開きがに股で、立ったまま股間に手を伸ばすと、あそこをまさぐり始める佐緒里。
あぁダメバレちゃう、でも、でもイイッ!
尖ったクリを指の腹で潰すように擦ると、絡みつく愛液がネチョネチョと小さく水音を響かせる…
振り向かれたら…露出オナニー、バレるっ…あぁイイもうだめっ!

「うーん、この辺のハズなんだけどなぁ…ちょっと調べてきますから」
司書の声にビクっと震えながら、手の止まらない佐緒里。司書がカウンターの方へ向かう姿を見ながら…背中側の棚にもたれ軽く絶頂を迎えてしまう。

一度軽く絶頂を迎えると、もう露出の誘惑には逆らえなかった。
そのスカートの長さのまま…階段を上り…2階へと…
これじゃ…下から誰か来たら、グチョグチョのあそこ見られちゃうっ
その恐怖さえ、興奮に変わる。

人のいる横で、オナニーするんでしょ
顔を真っ赤にし、ゆっくりと階段を上り終わると、フラフラと歩いて行く佐緒里…そこは、調べ物・自習専用の長机。何人もの受験生などが、一心不乱に参考書とノートに向かい勉強している。
明らかに様子のおかしい佐緒里の方へ目を向ける者もいない。長机の端、空いていた椅子に座る佐緒里。横にも前にも、受験生たち。

もう、佐緒里の欲望は止まらなかった。本も広げず真っ赤な顔で、はたから見れば明らかにおかしい様子。
ゆっくりと大きく…脚を開いていく…。スカートは捲れ上がり、テーブルの下で下半身を完全に露出してしまう。
そこでイクまで、オナニーしなさい

はぁはぁ…あぁイイ…
机に突っ伏し、オナニーを始める佐緒里…片手でクリをこすり、片手で中を掻き回す…
顔を上げなさい…蕩けた顔を見せたいんでしょ
ゆっくりと顔を上げると…前の受験生と目が合う。本も広げていない佐緒里をちょっと不思議そうに見ると、またノートに目を戻す受験生を見ながら、激しくあそこを掻き回す佐緒里。
ぴちゃぴちゃと音が響く。

声も出すの
あぁダメバレちゃう、ダメ、あぁもうっ!
…変態露出マゾ牝豚
とどめとなる、『あの言葉』が響く。

あぁイク!あぁイイ、露出オナイイ! イッくぅ~~~!
静かな図書館の勉強机に、小さくともれっきとした嬌声が響き、周りの受験生が顔を上げた瞬間。クリをつぶし、指をいちばん奥まで差し入れ…最高の絶頂を迎える佐緒里。
既に最初の言い訳は消え去っていた。

あぁ…わたしは…「変態露出マゾ牝豚」…もうコレじゃなきゃダメなの…
露出オナ、バレるの、すごいぃ…

皆の視線を集め、机に突っ伏し涎をたらして変態露出オナニーの余韻に包まれながら、
堕落の愉悦が、佐緒里の心を完全に蝕んでいた。


-----------------


変態ヒロイン羞恥淫欲晒し2 【水神音羽の場合】 へ続く

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。